若年性認知症コールセンター 若年性認知症コールセンター情報
  • テキスト大
  • テキスト中
若年性認知症:コールセンターに届いた声 若年性認知症:若年性認知症について知る 若年性認知症:若年性認知症コールセンターからのご案内 若年性認知症:生活を支える 若年性認知症:生きがいを見つける 若年性認知症:若年性認知症に役立つ情報 トップページへ戻る

ご本人たちの声

もしかして若年性認知症かも?と不安なケース [50歳台男性]

相談内容

 私は、妻と高校生の子供2人の4人家族で、家庭では楽しく生活しています。
 4月の転勤で新しい部署となりましたが、環境に馴染めず、うつ状態になったので、精神科の病院に行きました。処方された薬を飲んでも、良くならず、副作用が心配で勝手に受診を止めてしまいました。結局元の部署に戻してもらいましたが、物忘れが最近特にひどく、仕事中に使う道具を置き忘れ、いつも何かを探しているために効率が悪くなっています。またそのことで過剰に心配したりして、作業に集中できません。結局仕事を家に持ち帰る状況で、今まで趣味だった山歩きや温泉巡りも、楽しいと思えなくなりました。家族も心配しています。私は認知症でしょうか。

相談者の思い
  • うつ病の薬は、自分には合わないので、
    新しい先生に診てもらおうと思っている。
  • もしかして自分は若年性認知症かもしれない。
  • 家族に心配はかけたくない。

相談員の対応

 認知症かどうかは、医師でも判断の難しいことがあります。認知症の症状はうつ病と似ていることがあるので、専門病院を受診して検査されると、安心できるかもしれません。受診の際には、今までの病歴や、気になる症状をなどのメモを取って医師に伝えるのがいいですね。
 奥様にも一緒に付き添ってもらい、家での様子も伝えてもらえれば、客観的な意見として、医師には伝わりやすいかもしれません。いずれにしても日頃から、ストレスをためないことはとても大切です。
 以前のように趣味が楽しく思えるように、なれたらいいですね。

認知症と診断されたが妻がわかってくれないケース [50歳台男性]

相談内容

 私は先月まで仕事をしていましたが、ミスが重なり上司から病院を勧められ、受診しました。MRIで撮影した結果、脳の前頭葉と側頭葉に萎縮が見られ、認知症の初期と言われました。
 その後、だんだん物忘れが多くなり、新しい仕事が覚えられないので、仕事を辞めてしまいました。まだ初期なので、日常生活には差し支えありません。しかし今後のこともあるので、妻にそのことを話しましたが、私の病状に関心がなく、認知症であることを信じてくれません。病院へ一緒に行くことも拒否されました。子供は2人いますが、1人は大学生で他県に住んでおり、もう1人は中学生です。
 今後どうしていけばいいのでしょうか。経済的に大変なので、私は働いた方がいいのでしょうか。

相談者の思い
  • 「まだ働いた方がいい」とか「ゆっくり休んだ方がいい」とか、
    意見が違うアドバイスがあり、どうしたらよいかわからない。
  • 病院への通院や、制度の申請など妻に協力してほしいが、
    病気への理解がないため、話もできない状態で困っている。

相談員の対応

 すでに仕事を辞められていると言うことですが、精神障害者保健福祉手帳を取得した後に、障害者枠での求人を探す方法があります。ただし新しい仕事が覚えられないということであれば、ボランティアなどの福祉的就労を考え、経済的な問題を補うには、障害年金などの申請もできます。
 奥様の協力が得られないのは、何よりも辛いですね。でも奥様に理解がないのは、ご主人が日常生活に支障がないという点から全く想像がつかないのかもしれません。若年性認知症と診断された場合には、家族はもちろん、出来るだけ多くの人に理解してもらい支えてもらうことが大切です。まずは大学生のお子様や親せきの方で、ご主人のことを理解してくれる方が間に入って話し合ってもらうことはできませんか?そして奥様と一緒に受診できる方法を探しましょう。もし一緒に病院へ行くことが難しければ、奥様にコールセンターを利用してもらうのもいいかもしれません。

認知症になっても仕事を続けたいケース [40歳台女性]

相談内容

 私は先月病院で血液検査MRI検査をして、医師から「萎縮箇所が、前頭前野にあり認知症だと考えられる」と言われました。薬はアリセプト等の認知症の進行を抑える薬ではなく、血流を良くするビタミン剤を処方されました。現在は仕事をしているので、医師に相談したところ「ストレスを抱えて働くより、少し休んだ方がいいのではないか」と言われました。
 確かに睡眠時間は少ない方で、仕事のストレスもあります。でも私は仕事が好きですし、後期高齢者の親もいるので、経済的なことからも、仕事を続けていかなくてはいけません。
 病名がはっきりしていないので、他に認知症を診断できる病院を教えて下さい。セカンドオピニオンも考えています。

相談者の思い
  • 正しい病名が知りたい。
  • どうしたら、仕事を続けていけるか不安。
  • 早めに自分で対処しなければならないと考えているが、
    誰にも頼れないし、他の人には話してはいない。

相談員の対応

 お住まいの県には認知症疾患医療センターが何か所か設置されていますので、いくつか紹介できます。また日本老年精神医学会のホームページに記載されている病院も認知症を診断できる病院と紹介されていますので、参考にしてみましょう。
 セカンドオピニオンについては、相談先の病院に申込方法等を聞いてください。その際に最初に診断を受けた病院の主治医の紹介状や画像データを求められることもありますので、セカンドオピニオンの医師と主治医との連携は欠かすことができません。主治医との関係も大切にしてください。