若年性認知症コールセンター 若年性認知症コールセンター情報
  • テキスト大
  • テキスト中
若年性認知症:コールセンターに届いた声 若年性認知症:若年性認知症について知る 若年性認知症:若年性認知症コールセンターからのご案内 若年性認知症:生活を支える 若年性認知症:生きがいを見つける 若年性認知症:若年性認知症に役立つ情報 トップページへ戻る

若年性認知症とは? まだ社会的に認識不足な「若年性認知症」。その特徴や症状を解説します。

若年性認知症とは?

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。

若年性認知症は働き盛りの世代ですから、ご本人だけでなく、ご家族の生活への影響が大きいにもかかわらず、その実態は明らかでなく、支援も十分ではありません。

ご本人や配偶者が現役世代であり、病気のために仕事に支障がでたり、仕事をやめることになって経済的に困難な状況になってしまいます。また、子どもが成人していない場合には親の病気が与える心理的影響が大きく、教育、就職、結婚などの人生設計が変わることになりかねません。さらにご本人や配偶者の親の介護が重なることもあり、介護の負担が大きくなります。

このように若年性認知症は社会的にも大きな問題ですが、企業や医療・介護の現場でもまだ認識が不足している現状です。

若年性認知症の原因となる病気は?

認知症というのは、一つの病名ではありません。認知症を起こす病気はさまざまですが、多くの場合は脳の病気であり進行性です。
国の調査では血管性認知症が最も多く、アルツハイマー病が多い認知症高齢者とは異なっています。また、近年注目されている前頭側頭型認知症は若年者に多く、若年性認知症は頭部外傷、感染症、脳腫瘍、変性疾患など原因が多様であるという特徴があります。

血管性認知症:39.8% アルツハイマー病:25.4% 頭部外傷後遺症:7.7% その他:17.0%

血管性認知症とは
脳卒中(脳梗塞や脳出血)などに引き続いて起こります。
アルツハイマー病とは
脳の神経細胞が徐々に減って、正常に働かなくなる病気です。
前頭側頭型認知症とは
脳の前方部分(前頭葉や側頭葉)が縮むことにより起こります。
レビー小体型認知症とは
脳の中に、「レビー小体」というものができます。ふるえや、ゆっくりした動作などパーキンソン病のような症状があります。

その他に分類される慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症などは、原因となっている病気を治療すれば、症状が改善することもあります。

どんな症状がでるの?

認知症の症状は、基本的な症状である中核症状と、それに伴う二次的な症状である行動・心理症状とに分けることができます。

中核症状:脳の傷害が原因で起こる症状 周辺症状:心理的な原因などから起こる症状

【中核症状】新しい記憶から薄れていきます。時間や場所がわからなくなります。判断力、理解力、思考力などが低下していきます。

【周辺症状】徘徊、妄想、幻覚、不安・焦燥・抑うつ

若年性と高齢者の認知症はどう違うの?

若年性認知症において最も重要な事は、高齢者の認知症との違いを知ることです。それによって理解や対応の仕方も異なってくるからです。

「発症年齢が若い」「男性に多い」「体力があり、ボランティアなどの活動が可能である」「今までと違う変化に気づくが、受診が遅れる」「経済的な問題が大きい」

「主介護者が配偶者に集中する」「時に複数介護となる」「介護者が高齢の親である」「家庭内での課題が多い」