《若年認知症サロン》は、神戸市北区の、小高く広い敷地の中にある 介護老人保険施設・青い空の郷 の中にあります。
サロンは毎月1回土曜日午前10時から開催され、みなさん毎回楽しみに通ってみえます。
先日は私達相談員も、みなさんと一緒にバーベキュウを楽しみ、焼き芋大会、リクリエーション、散歩と充実した1日を過ごさせていただきました。

1日の流れ
10:00 ・スタッフ 打ち合わせ
一人ひとりの体調の確認と本日の活動の留意点を確認する
11:20〜 ・その日のテーマに沿って話し合う
この日のテーマはなんと 「ときめいたこと!」 
みなさん「奥様との出会い」「美味しいシュークリームに出会えたこと」など、ときめきを口々に語っていました。
12:00頃 ・バーベキューの準備
野菜を洗う、切る、おむすびを作る、などそれぞれできること準備します(おなかのすいた方はできあがったおむすびをその場で頬ばる姿もちらほら・・・)
12:45  バーベキュウ開始!!
皆さん何度もおかわりをして楽しみ、最後は 焼き芋大会となりました。  
14:00  休憩・おしゃべり・散歩・卓球・それぞれの活動にGo!! 
15:00  ・終わりの会 
本日の内容を振り返り、一人ずつ感想を述べ、来月の予定もみんなで相談しました。 
16:00  ・スタッフ 反省会
一人一人の方について本日の様子を報告し合い、現状を把握して、今後のその人に合った対応を相談されました 

まとめとして・・・(こんなふうに感じました!)
専門職の方はご本人・ご家族のお話をよく聞かれ、理解を深めながら、専門知識を生かした対応をされていました。また他のスタッフにもその様子を伝え、状況を共有しておられました。ボランティアさん、ご家族のみなさんは、ご本人に、気持ちの負担や、焦りを感じさせないよう、温かで、自然な雰囲気を作っておられました。
見学の中で、ご本人・ご家族、ボランティアさん他スタッフ、施設の専門職の方々の多くの思いを感じ取りました。
よく話すこと、よく聞くこと、よく見ること・・その中でご本人にも気づかなかった活動が出来たり、得意分野を話してもらったり教えてもらったり、自然に、全員が生き生きと活動されていました。  

スタッフからの一言

青い空の郷では、2007年より若年認知症の方とその家族の方に、若年認知症サロンという集いの場を提供しています。サロンの開催の目的は、次の3つです。
 崕犬Α廖歉況の共有、ピアカウンセリング
◆崔里襦廾綮佞悗料蠱漫認知症に関する知識の習得
「楽しむ」創作活動、スポーツ、おしゃべり
これらをゆっくりした楽しい雰囲気の中で体験してみたい方は、ご本人、ご家族はもちろんのこと、どのような立場の方でも結構ですので、次の連絡先までお問い合わせしてください。
連絡先:介護老人保健施設 青い空の郷 OT室
ot@aoisoranosato.kita.kobe.jp

作業療法士 中西誠司